技法-接写しよう

接写(せっしゃ)は、写真撮影方法のひとつである。マクロ撮影、近接撮影とも呼ばれる。至近距離の被写体をはっきりと撮影するものである。

おすすめ情報

概要

至近距離では被写界深度が浅くなるため、背景はぼやけるようになる。主に花などの小さなものを接近して撮るときに利用される。接写には定義があり、至近距離から等倍撮影までである。

専用レンズによる撮影

一眼レフカメラなどで用いる、接写向きに設計された写真レンズをマクロレンズという。また、既存のレンズの先端に補助的に装着するクローズアップレンズ・接写レンズと呼ばれるレンズも存在する。

専用の撮影機材による撮影

上記のレンズを使用する方法の他、既存のレンズとカメラ本体の間に接写リングを入れることによっても接写が可能になる。

カメラに搭載する専用機能による撮影

今日ではズーム機能などとともにマクロ撮影機能(マクロモード、接写モード)を搭載するカメラも多い。ただし、撮影倍率や画質などは専用のマクロレンズよりも劣る。

お気に入り

  • 仙台 整骨院の陽だまり鍼・整骨院はぎっくり腰などの急性の腰痛のほか、慢性的な腰痛の根本改善や坐骨神経痛、ヘルニアなどでお困りの方も適切な治療・アドバイスをさせていただきます。
  • 生まれたてのかわいいワンちゃんをご紹介します!福岡 ペットショップのジイズ

トップページ

コンテンツ

デジカメを知ろう

技法

関連コンテンツ

  • 看板デザインで一人で悩まないで・・・長崎市 看板の看板製作は信頼の有限会社葵巧芸社へお問い合わせください!